株式投資で年収以上の収入を目指しシステムトレードを研究する。と言いつつ、まずはプラ転が目標。 いつまでも初心者とは言ってられない。 必勝法を編み出すには!?
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
株式投資でシステムトレードを用いて利益を上げようと思えば、自分で考えたシステムの
検証にバックテストが必要です。
エクセル等で自作してバックテストするのが王道なのだろうが、その前にお手軽に使える
無料のソフトウェアを探していた。
(まぁ「検証くん」にだけは引っかからないように^^;)

有料ソフトの試行版とかでもそれらしいのはいくつか見つかりますが、操作法が
ややこしかったりしてピンと来ない。
結局意外なところで見つけました。もしかして常識ですか?
[無料でシステムトレードのバックテストができるソフト]の続きを読む
スポンサーサイト
相変わらず株式からは足を洗ったままだが、 気になる情報商材が出て買いました。

これまで株式で儲かっている人も儲かっていない人も 「もっと上手い売買システムが存在して、それを使えばもっと儲かるのでは」 と思ったことはあるだろう。
普通はそこで「こんな情報なんて詐欺ばっかりだ」と思い直して買わないわけだ。 でも少しは気になっている。
そんな感じだった私はE‐BOOK白書(イーブック白書)投資編/株式会社トレンドライフを買いました。
発刊記念特価ということで、安くなっているし、といっても1.5万円だが、 この手の情報商材のレベルがどうなっているかを知るには良い機会だ。

膨大な情報量でもあり、まだ少ししか目を通せていないが、現時点で満足。 売買ロジックは、「○○が○○%を越えたところで云々△△が◇◇したら利益確定」 等々と、具体的数字まで含めて全部書いてある。

買えば儲かるかはまだわからないが、 今後悪質な投資系情報商材に引っ掛からないためには好適な書と見た。
4000円以下の投資情報商材って割安感があって手が出てしまった。
「ブレイク2008」プロに学ぶ日経225先物戦略
期間限定で自己アフィリOKとのことだし。 勉強にはなったけど、先立つ資金が無いので実際のトライはおあずけ。
未だ株式等々に手を出しておりません。 というか元手がありません。 日経平均がもう一度8000円以下に下がったら参入を考えたいのですが、 先立つものが、、、、
株の売買は現在完全に停止しています。
100万円スタートから30万円ちょっとまで順調に減らし、撤退しました。
もう少し勉強してから、もしくは、システムトレード手法を構築してから、 もしくは、他で手堅い副収入を見つけてから戻るつもりです。

なーんて言っていると何時までも戻れない可能性がありますね。
やはり株は難しい。
3月下旬から一ヶ月ほど株式の売買を休んでました。
資産は3月中も順調に減り続け、30万円ぎりぎりまで近づきました。
信用取引もままならないし、勉強するなり、気分を一新するなりしないと
絶対に減らす一方だろうということで休みました。
株式を保有してないと、ザラバ中も心が平安でなかなかよかったです。
ふと再開してみようと、先週ソフトバンクを買ってホールド中です。
たまには保有銘柄でも書いてみよう。

住友不動産販売 ×1 買 4270
ヤフー ×2 買 47350
NISグループ 売 182
プロミス 売 4320

以上である。
ヤフーは株主の突き上げが報道されたから落ちるかな。NISグループはもう少しで手数料も含めてプラスになる。 金曜日のニューヨーク市場は少し上げたけど日経平均は上がるとは限らないかな。経済のニュースをよくみてないけど。
NISグループが3日連続で下がって来た。3万円を超える含み損だったのが、もう少しでプラスに転じるようになった。もうしばらく様子を見ようと思う。
ボックスの下限付近で売る、という愚をこれからは冒さないようにしよう。 株式投資は難しいなぁ。
売ったら爆上げで死んでいます。
NISグループを160円付近で売りました。 昨日今日とあれよあれよと値上がりするたびに難平してたら、10単元にもなってしまった。 どえらい含み損です。あほなことをしたー。 明日は下がると思うのだが、どうなることやら。 こんな馬鹿なことをやってしまうなら、早くシステムトレードに切り替えた方が良さそう。 、、、ってまだシステムが出来てないのであった。
中長期的にはヤフーを取り込めたらマイクロソフトは活路を見出すような気がする。
マイクロソフトのヤフー買収案は「理にかなわず」=米著名投資マネジャー
この記事によれば、この投資マネジャーは元々のヤフー買収提案でもマイクロソフトに割に合わないという。確かにマイクロソフトの株価は下がった。 でも、もうマイクロソフトとしてはグーグルの独走を黙って見ているわけには行かないだろう。 買収額のアップはしないかもしれないが、マイクロソフトが提案撤回することはないと思うのだがどうだろうか。
日本のヤフーとマイクロソフトを買っている身としては、どう転んでも上がるのではないかと期待しているのだが、マイクロソフトのあっさり撤退や超長期化はまずい気がする。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。